外壁塗装の工事手順

こちらは初めて塗り替えを検討される施主様へのガイド情報です。
着工前のご近所さんへのご挨拶から、工事完了お引き渡しまでの工事の流れについて詳しく掲載しています。
一般的な外壁塗装工事の手順をフローチャート形式で詳しく紹介しています。

細心の注意をはらって工事に当たりますが、電動工具や洗浄機による多少の騒音はやむを得ません。また工事用車両の駐車でご近所にお世話になることもあります。お互い様とはいえ工事中はご近所にご迷惑をおかけすることになりますので、事前にご挨拶いたします。

足場架け

作業の安全確保や的確な施工のため足場は欠かせません。
また洗浄水、埃、塗料の飛散防止のためメッシュネットで覆いますので、部屋の中が多少暗くなります。

高圧洗浄

建物に付着している埃や汚れ、苔などを洗い落とします。これが不十分ですと塗り替え後の「ふくれ」や「剥がれ」などといった塗膜欠陥を引き起こします。

養生

作業中は、窓などの塗装しない部分や塗料が付いてはいけないものに、ポリエチレンフィルムやビニールシートで覆い塗料の付着を防ぎます。           

下地調整

ひび割れ個所のシーリング処理や、剥がれかかった塗料を取り除いたり、錆落としなどといった塗装面の下地を調整する作業です。              

仕様書に添って下塗りから塗り重ねていきます。塗り回数は下地の種類や劣化の程度によって変わってきます。通常1~4回。詳細は仕様書に記載されています。

養生外し

塗装が終わり次第養生を外します。塗料や埃など飛散の心配がなくなったなら足場のメッシュネットも外します。

仕上がり確認

仕様書と照らし合わせながら仕上がりの確認をします。満足の出来ないところは業者と良く話し合い、必要なところは手直ししてもらうようにします。

足場の撤去確認

塗り忘れ等最終チェックをしながら足場の解体、撤去します。また、周りの清掃、工事中の移動物 (植木鉢など ) を元に戻します。

お引渡しで工事完了になります。

PAGE TOP